心不全患者の在宅療養支援のBodyport、1120万ドル調達

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-09-07-2-27-03
心血管疾患患者の在宅療養支援のBodyportが、Boehringer IngelheimのCVCや既存投資家から1120万ドルを調達しました。2014年の創業以来、総額で1580万ドルを調達しました。

 

同社は独自のセンサーを搭載した体重計を患者に提供し、足からのバイオマーカーで心血管疾患の初期兆候を検出します。心臓のモニタリングを毎日の体重測定の日常に取り込むことで、モニタリングの頻度を増やし、患者の評価を強化します。初期は心疾患の中でも、心不全に焦点を当ててリモートでの治療を支援しています。

 

予測をケアに取り組むことで、医療従事者はより迅速に介入できるようになります。ケアチームによる早期の介入を可能にすることで、現在の心不全ケアの標準を強化することを目指しています。

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。