女性のためのプライマリケアクリニックのTia、2428万ドル調達

 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-08-15-16-46-33
 

婦人科クリニックのスタートアップTiaは5月末に、Thresholdや既存投資家のTorch Capitalらから2428万ドルを調達を発表しました。同社は2018年の創業以来、総額2680万ドルを調達しています。

 

Tiaは元々、女性向けに生殖に関する情報を収集できる情報交換のプラットフォームとしてスタートしました。2019年3月に自社で女性のためのクリニックをニューヨークで開業し、約一年ほどで3000人の患者が利用しているまでになりました。今後は新たに2つの女性向けクリニックを開業する予定とのことです。

 

Tiaは今回の新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、一時的に店舗でのサービスは閉鎖し、オンライン診療サービスの提供に絞っていました。一方で長期的な方向性としては検査などで店舗はある程度必要であるとし、今後はオンラインとオフラインの統合されたサービスとして提供するとのことです。

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。