AIによる心エコー検査支援のCaption Health、5300万ドル調達

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-08-09-22-25-47
 

AIナビゲーションで心エコー検査を支援するCaption Healthが、シリーズBで5300万ドルを調達しました。既存投資家であるData Collectiveがリードし、同じく既存投資家のKhosla Venturesらが参加しました。同社は2013年にサンフランシスコで創業しています。

 

Caption Healthは心臓の超音波検査を、AIによってナビゲーションすることで、看護師といった医療従事者が正確なデータを収集できるよう支援しています。2020年2月にFDAの承認を取得し、救命救急などの急性期医療現場への導入を進めているとのことです。

 

現在同社は、新型コロナウイルス感染症の患者における心臓の合併症の診断を行うことが期待されています。また同様にPhilipsやEkoもAIによる心疾患の診断支援を提供しています。

 

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。