食品安全検査のための自動NGS技術を提供するClear Labsが1800万ドル調達

 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-06-27-17-19-11
 

食品安全検査のための自動化された次世代シーケンシング技術を提供するClear Labsが、Redmile Groupや既存投資家であるWing VC、Menlo Ventures、Tyson Ventures、Khosla Ventures、GVらから1800万ドルを調達しました。同社はこれまでに総額6200万ドルを調達しています。

 

同社は食品安全プラットフォームClear Safetyを提供しており、食品メーカー向けに自動化された食品安全試験システムを提供しています。また、今回の新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、同社は次世代シーケンス技術を活用し新型コロナウイルス感染症の診断技術を開発しています。

 

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。