出生前検査技術を開発するBillionToOne、1500万ドル調達

 
billiontoone funding
 

非侵襲的出生前検査のための計算技術を開発しているBillionToOneが、1,500万ドルを調達しました。今回のラウンドには既存投資家であるY Combinatorや500 Startups Istanbulが中心に参加しました。

 

BillionToOneは、分子計算技術を活用し、母体血液から高感度の嚢胞性線維症や脊髄性筋萎縮症といった劣性遺伝の単一遺伝子疾患を検査する、非侵襲的出生前検査(NIPT)のサービスUnityを開発しています。この検査技術は、2020年上半期までにローンチ予定です。

 

参照:GenomeWeb

 

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。