研究開発を支援する「ヒト臓器チップ」を開発するEmulate、1930万ドルの借入調達を実施

 
emulate
 

人間の生理機能を再現可能にする臓器チップを開発するEmulateが、融資による1930万ドルの調達を行ったことを明らかにしました。同社はハーバード大学の研究からDARPAの資金を取得し、スピンアウトとして2013年に創業し、2018年にはFounders Fundをリード投資家とするシリーズC調達で3600万ドルを調達しています。

 

同社は、人間の生理作用を実際に再現できる、臓器チップ(Organs-on-Chip)を作成し、医薬品などの研究開発を支援しています。これにより、動物を使った生物実験を代替し、研究開発を迅速に進められるのが特徴です。3月には、PerkinElmerで役員を努めたJim Corbett氏が新しいCEOとして就任したことも発表しています。

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。