自宅での筋トレをガイドするAIスタートアップのTempo、1750万ドル調達

 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-03-29-12-12-42
 

自宅でのワークアウトを支援する家庭用フィットネスデバイスとオンラインレッスンサービスを提供するTempoが、既存投資家のFounders Fund、Khosla Ventures、DCM、Y Combinatorらから1750万ドルを調達。同社は2015年に創業し、これまではPivotという名前で展開しました。

 

ワークアウト(筋トレ)のためのホームデバイスと、オンラインレッスンサービスを開発。42インチのスクリーンと3Dビジョンカメラを内蔵するデバイス、ダンベル、フリーウェイト、心拍数モニターと合わせることでユーザーの筋トレ中の動きをトラッキングし、必要に応じてフォームを修正しながらガイドします。デバイスは1,995ドルで、月額39ドルのサブスクリプションでは、ライブおよびオンデマンドのレッスンクラスを利用可能です。

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。