インドのスキンケアD2CのCureSkin、シードの資金調達を実施

 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-03-07-11-04-31
 

YC出身のインドのスキンケアサービスCureSkinがシ5000万円を調達しました。同社は2017年8月にY Combinatorらからシードで調達し、2019年1月に今回のラウンドの投資家でもあるSenseAI Venturesから資金調達を行っています

 

CureSkinはアプリで質問に答え、画像をアップロードすると、皮膚科医が生活習慣とケアを提案してくれるサービスです。日々のケアのガイドと合わせて、パーソナライズされた肌と髪の毛のケアグッツを販売しており、累計120万が利用しているとのことです。

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。