在宅療養者と家族向け、24時間対応の支援ソリューションのCareBridgeが4000万ドル調達

 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-01-26-%e5%8d%88%e5%89%8d9-44-38
 

在宅療養を支援するCareBridgeが、GoogleのVC部門であるGVとOak HC/FTから4000万ドルを調達しました。同社は2009年に創業し、今回の調達が初のエクイティ調達となります。

 

州とヘルスプランの対象者にあたる在宅療養している患者やその支援者向けに遠隔で24時間サポートするデータ連携とデータ収集プラットフォーム。療養中の家庭にタブレットを設置し、コミュニケーションや必要に応じた処方をオンラインで行っています。

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。