従業員の燃え尽き症候群を予防する、メンタルヘルス支援ソリューションのModern Healthが3100万ドル調達

 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-01-18-19-15-22
 

雇用主向けに従業員のメンタルヘルスソリューションを提供するModern Healthが、Founders FundらからシリーズBで3100万ドル調達しました。今回のラウンドには既存投資家であるKleiner PerkinsやAfore Capitalが参加しました。同社は2017年の創業以来、総額4240万ドルを調達しています

 

Modern Healthは雇用主向けに、従業員の燃え尽き症候群や鬱を防ぐメンタルヘルスの支援プラットフォームを提供しています。同社は、オンラインプログラムやセラピストによる人的支援により、従業員の精神的な問題を解決します。すでにNetflixなどの人気企業の従業員や、Lambda Schoolの生徒が利用しています。

一方で1月9日に、共同創業者ですでに解雇されているErica Johnson氏が、同社と代表に対し、見込み顧客に対する贈賄を訴えています

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。