従業員の子育て・介護を支援するKinside、Initialized Capitalらから300万ドル調達

 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-12-31-16-49-03
 

雇用主向けに従業員の子育て・介護を支援するKinsideが、Initialized CapitalとPrecursor Venturesから300万ドルを調達しました。同社は2018年の創業で、Y Combinatorのアクセラレータープログラムを卒業しています。

 

Kinsideは従業員がアプリから予約可能な介護や育児サービスを提案する、雇用主向けサービスです。幅広い保育・介護サービスをカバーしており、同社のアプリ経由で予約すると割引を受けることができます。TechCrunchの記事によると、多くの保育提供者が20%から30%の空室率を持っていることに着目し、送客による割引を実現したとのことです。また、子供のデイケアや大人の介護ケアが必要な時に使えるDependent Care FSA(Flexible Spending Account=雇用主がベネフィットとして提供する口座プログラムで、税控除を受けることができる)とも提携しています。

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。