デンタルクリニック店舗とアプリを活用した歯列矯正サービスUniform Teeth、1000万ドル調達

 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-12-29-22-49-35
 

サンフランシスコで2箇所の矯正歯科クリニックを運営している、歯科矯正スタートアップのUniform Teethが、Canaan Partnersから1000万ドルを調達しました。同社はこれまでにFounders Fundらから総額1400万ドルを調達したことになります。

 

Uniform Teethは、実店舗と独自のアプリを活用した歯列矯正サービスを提供しています。ユーザーは初回の受診前に、アプリから歯と歯列の状態を撮影します。最初のクリニック訪問時に、パノラマ写真の撮影や治療の説明を受けることができます。

 

歯列矯正のオンライン化が進み、今年上場したSmileDirect ClubやCandidがUniform Teethの競合として挙げられます。SmileDirect Clubは、自宅で計測可能なキットを送付してユーザー自ら計測を行うか、全米300箇所あるSmileshopにて計測することで、矯正アライナーを送付します。しかし、一部の州では、歯科矯正時に歯科医師立ち合いのもとX線画像を撮影することを義務付ける動きが出てきており、それによるコスト増が懸念されています。

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。