自宅でできるフィットネスソリューションのPivot、シリーズAで1700万ドル調達

 
ruth
 

在宅フィットネスソリューションを開発するPivotが、Founders FundやBling Capital、Khosla Ventures、Signal Fire、DCM Ventures、Y Combinatorから1700万ドルを調達しました。同社はこれまでステルス状態でしたが、調達のリリースと合わせて事業内容の一部を明らかにしました。

 

Pivotが開発する在宅フィットネスソリューションは、フィットネストレーナーによるレッスンのライブ配信と、ユーザーのフィットネスの様子を3Dセンサーと機械学習によってモニタリングすることで実現します。ライブ配信を行うトレーナーは、ユーザーのトレーニングの状態を把握し、フィードバックを行うことができます。また、参加者同士の交流として他の参加者との競争などのソーシャル機能やコミュニティ機能も提供するといいます。サービスの提供開始は今年の秋を予定しており、随時価格等に関しても発表予定とのことです。

 

同じくリアルタイム参加が可能な在宅フィットネスソリューションとしては、上場したPelotonや中国のSPAXがあります。

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。