医療情報のセキュリティとコンプライアンス支援のAptible、1200万ドル調達

 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-07-28-21-49-01
 

企業のHIPAA(Health Insurance Portability and Accountability Act、米国の医療保険の携行と責任に関する法律)コンプライアンスの遵守を自動化するAptibleが、シリーズAで1200万ドルを調達しました。本ラウンドはMaverick Venturesがリードし、Thrive CapitalやWestern Technology Investment等が参加しました。同社はこれまでに、Y Combinatorやヘルスケアに特化したアクセラレーターであるRock Health等からシードで調達していました

 

同社は、医療情報を電子的に取り扱う企業が、国が指定するプライバシー保護とセキュリティ確保の基準を遵守するのをより効率的にかつよりセキュアに行えるよう支援しています。

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。