従業員のメンタルヘルスをサポートするModern Health、900万ドル調達

modern health
従業員のメンタルヘルスの不調をサポートする、雇用主向けのオンラインサービスModern Healthが、シリーズAでKleiner PerkinsやY Combinator、Jared Leto氏(米国のシンガー、俳優)らから900万ドルを調達しました。同社は2017年に創業し、2018年6月にシードラウンドでAfroやSocial Capital、Y Combinatorらから240万ドル調達しています

 

Modern Healthはあらゆる従業員の健康ニーズを満たすよう設計され、アセスメントを行うことで従業員ごとにパーソナライズされた予防プログラム、ケアプログラムを提供します。オンライン上のエクササイズや瞑想プログラムの他に、セラピストなどの専門家ともマッチングしサポートを受けることができます。

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。