腎臓疾患患者向けの包括的なケアプラットフォームStrive Health、NEAらから資金調達

 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-05-25-13-42-09
 

健康保険や医療機関と協力し、腎臓疾患患者の包括的なケアプラットフォームを提供するStrive Healthが、New Enterprise AssociatesやAscension Ventures(米国国内で医療機関を展開する非営利団体が設立したVCファンド)やTown Hall Ventures、Echo Health Venturesから資金調達を行いました。金額は非公開とのことです。

 

同社は2018年デンバーで創業したスタートアップ。専門のチーム医療により、腎臓疾患領域の予防段階から腎臓透析や移植といった最終段階の治療までを一括して提供しています。

 

近い領域でより予防に特化している会社として、Cricket Healthが2018年10月に2400万ドル調達しています。

 

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。