中国版PelotonのSPAX、Kleiner Perkinsらより400万ドル調達

 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-04-14-11-59-52
 

スマートフィットネス機器を開発・提供しているSPAXが、米国のVCらからシードで400万ドル調達しました。今回のラウンドはAmeba Capitalがリードし、既存投資家であるKleiner Perkins、Lighthouse Capital Managementが出資しています。

 

SPAXのトレッドミルは、毎日ライブレッスンを配信するスマートモニターを搭載している他、専用アプリと連携し運動を管理することができます。

 

参照: CrunchBase

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。