インドの外科クリニックPristyn Care、セコイアからシリーズA調達

 

pristyncare

 

インドでレーザー手術や腹腔鏡手術を手がける外科クリニックを展開するPristyn Careが、Sequoia CapitalからシリーズAで調達しました。金額は非公開。

 

Pristyn Careは2018年に創業し、現在インド国内の3箇所で営業しています。胆石やヘルニア、虫垂炎の治療を腹腔鏡手術で、レーザー手術では下肢静脈瘤や慢性便秘といった様々な疾患の治療を行う他、婦人科領域の様々な手術を行っています。

 
参照: CrunchBase
 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。