トレーニングサポートを行うスマートミラー「Mirror」、2500万ドル調達

 
m588_csh_05_hero_wide_01_0221_v1_r1
 
遠隔のトレーニングサポートと接続する、スマートミラーを開発・提供するMirrorが、Spark CapitalからシリーズBで2500万ドル調達したことを明らかにしました。同社は2018年2月にシリーズAでFirst Round CapitalやBox Group等から1300万ドル調達した後、今回の調達と合わせてプロダクトをリリースしました。

 

同社が開発・提供するスマートミラーは、オンラインのトレーニングクラスと接続し、自宅にいながら本格的なトレーニングが可能になるデバイスです。

 

参照:CrunchBase

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。