ヘルスケアデータの共有技術を開発するDatavant、ソフトバンク等から4050万ドル調達

 
datavant
 

ヘルスケアデータを安全に管理する技術を提供するDtavantは、Founders Fundやソフトバンクのビジョンファンド等から4050万ドル調達しました。CrunchBaseによると、同社は2017年の創業以来、これが初の資金調達とのことです。

 

Datavantは、ソフトバンクの投資先であるバイオベンチャーRoivant Sciencesが発表した、ヘルスケアデータ関連のテクノロジーの子会社です。個人のヘルスケアデータと個人を紐づけることなく管理する技術を提供しています。また同社は元FDAの最高情報責任者をCSOに採用しています

 

また今回の調達と併せて、DatavantはUniversal Patient Keyを買収したことも明らかにしました

 

参照: CrunchBase

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。