睡眠改善デバイスDreem、Johnson & Johnsonらから3500万ドル調達

dreem

脳波をモニタリングし、睡眠改善を支援するヘッドデバイスを開発するDreemが、Johnson & Johnsonとフランスの公的投資銀行のBpifrance等から3500万ドル調達しました

 

同社は2013年創業のスタートアップで、現在はサンフランシスコとパリに拠点を置いています。今回の調達を合わせて、これまでに総額5700万ドルを調達しています。今回の調達は研究開発のための人員拡大を目的としているとのことです。

 

参照:CrunchBase

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。