ライフサイエンス領域のデータ管理支援SaaSのBenchling、シリーズBで1450万ドル調達

 
benchling
 
ライフサイエンス領域のデータ管理とコラボレーションを支援するBenchlingが、シリーズBでBenchmarkやThrive Caital、F-Prime Capital Partnersらから1450万ドル調達したと、TechCrunchが報じました。同社は2012年の創業以来、これまでに2度のシードラウンドでY CombinatorとAndreessen Horowitzらから資金調達を行っています。

 

同社はサンフランシスコに拠点を置くスタートアップで、ライフサイエンス領域の研究開発を加速させるためのSaaSを事業会社やアカデミック向けに提供しています。

 

参照: CrunchBase

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。