ゲノム編集技術を提供するInscripta、シリーズCで5500万ドル調達

inscripta
ゲノム編集技術を開発するInscriptaは2月28日、シリーズCで5500万ドル調達したことを明らかにしました。今回のラウンドはMérieuxDéveloppementとPaladin Capital Groupがリードで、既存投資家であるVenrockも参加しています。

 

同社はゲノム編集ツールとして、CRISPRヌクレアーゼファミリーや編集用のソフトウェアや試薬といった様々な商品を提供しています。最近では、CRISPR酵素のMAD7を研究者向けに無償提供しています。

 

参照:Genomeweb, CrunchBase

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。