潜在的なメンタルヘルスニーズを特定し支援につなげるQuartet、GVらから4000万ドル調達

 
quartet
 
メンタルヘルス領域に取り組むニューヨークのスタートアップ「Quartet Health」は1月4日、新たにシリーズCで4000万ドルの資金調達を実施したと発表しました。F-Prime Capital PartnersとPolaris Partnersがリードで、この他にOak HC/FTとGV(GoogleのCVC)、Deerfield Capital Managementが今回のラウンドに参加しました。Deerfield Capital Management以外、既に同社に出資している既存投資家です。

 

Quartetは、患者の慢性疾患と精神や行動に関わる健康上のケアを両立させるためのプラットフォームを提供しています。このプラットフォームでは、データを活用することで、身体的な疾患を抱える患者の中からメンタルヘルスに関してもケアが必要となる可能性のある潜在的な患者を特定し、専門医につなげげます。身体的な疾患を専門とする医師や医療従事者と、メンタルヘルスを専門とする医師や医療従事者が連携できるよう支援しています。

 

参照:CrunchBase, Fast Company

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。