AIで迅速に創薬を行うRecursion、Data Collectiveらから6000万ドル調達

 
rectangle-7-copy-179-1
 

AIで創薬を行うRecursion Pharmaceuticalsが10月はじめ、Data CollectiveやFelicis Ventures等からシリーズBで6000万ドル調達しました。同社は2013年ソルトレイクシティ創業で、10年間で100の治療法をを発見することを目指し、AIや生物学、画像化技術を活用しています。

 

これまで対象とする特定の疾患ごとに標的とする分子を研究していましたが、Recursionでは実際の細胞を、1000種類以上の薬物化合物に暴露細胞がどう変化したか判断しています。同社はサノフィ大手と提携し、2017年中に臨床試験を行うと報じられています

参照: TechCrunch

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。