薬のモバイルデリバリースタートアップCapsule、Thrive Capital等から2000万ドル調達

 

capsule

 

2017年5月、ニューヨークの薬宅配スタートアップ『Capsule Pharmacy』が、ベンチャーラウンドで2000万ドルを調達しました。リードは医療保険スタートアップ『Oscar Health』の創業者Joshua Kushner (ジョシュア・クシュナー)氏が立ち上げたVC、Thrive Capitalで、本ラウンドには音楽、映画館、航空旅行、鉄道、金融といった様々な領域に進出する、イギリスの未公開会社Virgin Groupも参加しています。

 

Capsuleは現在、ニューヨークで宅配を行う薬局チェーンとして、2時間以内に処方薬を患者に届けています。米国の主要な医療保険に対応し、患者や医療保険会社は宅配のために追加料金を支払う必要はありません。

 

米国で盛り上がる、処方薬宅配スタートアップ

その他の薬宅配スタートアップもすでに多額の資金調達を行っています。ニューヨークのBlink Healthは9000万ドルの資金調達を行いました。彼らのアプローチは、価格を交渉するための従来の薬局給付管理者(PBM)のように機能しつつ、費用を下げるというCapsuleとは少し異なる目標を持っています。

 

ニューハンプシャー州のマンチェスターに本拠を置くPillPackは仮想薬局として機能しています。今年9月に3110万ドルを追加したことにより、これまでに総額9億3110万ドルを調達しました。

 

参照記事:Capsule raised $20 million from Thrive
画像: Capsule PressKit

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。