データからメンタルヘルスのリスクを判定する、Lyra Health

 
スクリーンショット 2015-12-11 午後5.08.31
 

カリフォルニアのスタートアップ、Lyra Healthはメンタルヘルスや行動障害のスクリーニングを可能にするデータプラットフォームを構築している。スクリーニングするだけではなく、高リスク群と判断された患者に対し、適切な対処ができるよう支援も行っている。
 

身体疾患で受診している患者でも、開胸手術といった大きな処置をうける患者はメンタルヘルスの問題のリスクが高くなる。Lyra Healthは行われている処置や服薬している薬の影響と、その患者の既往といった個人のデータを掛け合わせることでスクリーニングを行っている。

 
スクリーニングによってリスクが高いとされた患者に対し、最適な治療方法や専門医を提案することでそのあとのフォローアップも行っている。スクリーニングされた高リスク群のその後も追跡することができ、これらの情報もスクリーニングの精度や治療のアウトカムの検証に生かせるという。

 
同社は10月にCastlight HealthやVenrock、Greylock Partnersらから3500万ドルを調達。同社は投資家であるCastlightとの提携も発表。企業向けに従業員の保険料管理サービスを提供しているCastlight Healthとの協働により、労働者のメンタルヘルスに関するデータを充実させるとのこと。
 

Author Profile

吉澤美弥子
吉澤美弥子Twitter:@miya_yakko
慶應義塾大学看護医療学部在学中。クラウドファンディングサービスでのインターンをきっかけに海外のスタートアップに興味を持ち、現在個人ブログや外部メディアで情報を発信している。