2015年7月に資金調達を行ったヘルスケア系スタートアップ15社

 
2015年7月に資金調達を行ったヘルスケア関連のスタートアップについてまとめてご紹介する。2014年7月の出資額約2億ドルと比べ、出資数・額ともに減少している印象を受けるが、芸能人出身の投資家が出資するなど未だヘルスケア領域への注目度は高いと言える。
 

TytoCare

 


 
イスラエルの診断用のミニデバイスを開発しているTytoCareが、Cambia Health Solutionsと前回ラウンドに引き続く既存投資家らから1100万ドル調達。これまでの調達額は総額1850万ドル。
 
 

Sleepace

 
スクリーンショット 2015-07-31 午後2.28.55
 
中国の睡眠トラッキングデバイスを開発しているSleepaceがJD.comらから700万ドルを調達。これまでに総額1000万ドルを調達している。JD.comはMisfitにも出資しており、Misfitはその後中国での販売数を伸ばしている。
 
 

1DocWay

 
スクリーンショット 2015-07-31 午後2.49.30
 
オンライン精神科医ネットワークを構築・提供する、1DocWayがiSeedVCやRock Healthらから170万ドルを調達した。
 
 

Bright.md

 
慢性疾患のための医師サポートサービスSmartExamを提供しているBright.mdがOregon Angel Fundらから350万ドル調達。同社はこれまでにスターンフォード大学のStartupXからも出資を受けている。
 
 

Limelight Health

 
スクリーンショット 2015-07-31 午後3.03.21
 
ホワイトレーベルの医療保険(OEM)を提供するLimelight HealthがAXAやMassMutualのCVCから300万ドルを調達した。
 
 

Picwell

 
消費者がヘルスプランを選択するのをサポートするPicwellがMassMutual Venturesから400万ドルを調達。同社は医療保険の自己負担額・保険料などを総合的に評価比較できるサービスを提供している。
 
 

Welkin Health

 
スクリーンショット 2015-07-31 午後3.55.21
 
公衆衛生・疾病予防の観点からオンラインプログラムとコーチングサービスを提供するWelkin HealthがRock Health、Asset Management Ventures、 Great Oaks VC、iSeed VCらからシードで200万ドル調達した。同社は現時点では糖尿病に焦点をあて、プログラムを提供している。
 
 

Curely

 
スクリーンショット 2015-07-31 午後4.06.09
 
医師に健康や病気について質問できるQAアプリのCurelyがExponential Partnersから200万ドル調達した。同社によると、診断や処方をしているわけではないので、法的に問題はなく、国を問わずに利用できるとのことだ。
 
 

Medical Memory

 

 
消費者向けの医療情報記録アプリのMedical MemoryがProvenance Venture Partnersから210万ドル調達した。患者は診察中に医師に言われたことの大半を忘れてしまっているという問題に対し、診療中のやりとりを記録することで、患者が医師からの指導や情報を活用できるようサポートするアプリだ。
 
 

Your.MD

 
スクリーンショット 2015-07-31 午後4.27.56
 
イギリスに拠点を置く、モバイルヘルススタートアップのYour.MDがSmedvig Capitalとエンジェル投資家から500万ドル調達した。同社が提供するアプリでは、ユーザーが入力したパーソナルデータや体の悩み、症状といったデータから最も可能性の高い5つの疾患や病態を教えてくれるというものだ。
 
 

SmartSpot

 

 
YC出身のSmartSpotがKhosla Venturesらから180万ドル調達した。SmartSpotは3Dカメラがついたディスプレイ型デバイスで、ユーザーのワークアウトの様子を分析し、正しいフォームかフィードバックしてくれる。
 
 

HealthBoxの新クラスに参加する10社

 
人工膵臓を開発するAdmetsys、医師の意向決定を支援するデータ分析サービスのGuardian Health Technologies、外科医のための3DメガネImmersiveTouchなど10社が新たにHealthBoxのクラスに参加すると発表された。
 
 

Pager

 
スクリーンショット 2015-05-09 午後4.28.15
 
オンデマンドに訪問医や訪問看護を呼べるUber-likeなサービスPagerが、俳優のアシュトン・カッチャー氏率いるSound Venturesらから7500万ドルのバリュエーションで新たに1700万ドル調達した。オンデマンド医師系サービスとして競合にあたるHealにはライオネル・リッチーが出資しているなど、米国では盛り上がりを見せている。

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。