JFDI出身の医師向け書類管理アプリKlinify、日本でのサービス提供開始

 

医療機関向けの患者データ管理アプリKlinifyを提供している、シンガポールのスタートアップSprDotsが7月1日、日本における正式公開を発表した。同社は愛育病院との協力体制を確立し、Klinifyの日本の医療機関への最適化を行っている。

 

ペンでスラスラ書けるのが特徴

ペンでスラスラ書けるのが特徴


 

同社が提供するKlinifyは、医師がよりスムーズに患者情報を記録し管理できるよう設計されたAndroidタブレット向けのアプリ。Klinifyのこだわりは紙のカルテのように記録できることであり、病院で使用しているフォーマットをKlinifyにアップロードするだけで使用できるため、電子化に移行する際のストレスを最小限にしている。これにより医師は、診察中にパソコンに意識をとられることなく、患者に集中することができる。

 

検査画像を取り込んで、直接書き込むことができる

検査画像を取り込んで、直接書き込むことができる


 

同社は2013年にJFDIのプログラムを通して開発され、シンガポールを中心としたアジア地域でサービス提供している。今回日本上陸に際し、7月15日から17日に東京で開催される、International Modern Hospital Show 2015でサービスを公開する予定だ。

Author Profile

吉澤美弥子
吉澤美弥子Twitter:@miya_yakko
慶應義塾大学看護医療学部在学中。クラウドファンディングサービスでのインターンをきっかけに海外のスタートアップに興味を持ち、現在個人ブログや外部メディアで情報を発信している。