糖尿病管理のLivongo Health、DFJやKPCBらから2000万ドル調達

 




 

糖尿病のような慢性疾患を管理できるサービスLivongo Healthが、Kleiner Perkins Caufield & Byers (KPCB) とDFJ Venturesから2000万ドル調達した。同社は2014年9月にはシリーズAでGeneral Catalyst Partnersから1000万ドルを調達している。

 

Livongo Healthは糖尿病の管理ができるプラットフォームと、クラウドにデータを送信できる血糖値測定デバイスを提供している。同社は今後自社の保険を運用している企業(雇用者)に対してサービスを提供するB2B2Cモデルとしてサービスを拡大していくとのこと。2014年9月からOffice Depot、Iron Mountain including Mission Health Systemなどの医療連携機関と提携して開発を進めている。

 
同社は、企業向けのEHRのiPadアプリを提供しているAllscripts(NASDAQ上場)の元CEOのGlen Tullman氏が創業したシカゴのスタートアップ。同氏はこれまでに複数の会社を立ち上げる連続起業家であり、ベンチャーキャピタルの7wire Venturesを立ち上げ、パートナーも務めている。

 

via mobihealth News

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。