糖尿病管理のLivongo Health、DFJやKPCBらから2000万ドル調達

 




 

糖尿病のような慢性疾患を管理できるサービスLivongo Healthが、Kleiner Perkins Caufield & Byers (KPCB) とDFJ Venturesから2000万ドル調達した。同社は2014年9月にはシリーズAでGeneral Catalyst Partnersから1000万ドルを調達している。

 

Livongo Healthは糖尿病の管理ができるプラットフォームと、クラウドにデータを送信できる血糖値測定デバイスを提供している。同社は今後自社の保険を運用している企業(雇用者)に対してサービスを提供するB2B2Cモデルとしてサービスを拡大していくとのこと。2014年9月からOffice Depot、Iron Mountain including Mission Health Systemなどの医療連携機関と提携して開発を進めている。

 
同社は、企業向けのEHRのiPadアプリを提供しているAllscripts(NASDAQ上場)の元CEOのGlen Tullman氏が創業したシカゴのスタートアップ。同氏はこれまでに複数の会社を立ち上げる連続起業家であり、ベンチャーキャピタルの7wire Venturesを立ち上げ、パートナーも務めている。

 

via mobihealth News

 

Author Profile

吉澤美弥子
吉澤美弥子Twitter:@miya_yakko
慶應義塾大学看護医療学部在学中。クラウドファンディングサービスでのインターンをきっかけに海外のスタートアップに興味を持ち、現在個人ブログや外部メディアで情報を発信している。