【スポーツテック】著名投資家マーク・アンドリーセンが待ち望む1年に1回のイベント「スーパーボウル」

 

Screen Shot 2015-01-31 at 5.15.43 AM

 

Twitterアカウントをスーパーボウル仕様にして、フットボールサンデー気分なマーク・アンドリーセン(@a16z)

 

2014年最もアクティブなベンチャーキャピタルのひとつとして選ばれたアンドリーセン・ホロウィッツのパートナー、マーク・アンドリーセン。出資先であるTwitterでは、自らツイート・ストームと呼ばれる連続ツイートをすることで有名なマークだが、彼のアカウントのアイコンがスーパーボウルを意識したものに最近差し替えられた。

 

2月1日日曜日(PST)に行われるスーパーボウルがその理由だ。

 

「スーパーボウル」とは?

 

スーパーボウルは、アメリカ四大スポーツの中でも最も人気のあるNFL(アメリカンフットボール)の祭典で、毎年2月上旬の日曜日に開催されている。今年は第49回を数えるスーパーボウル、シアトル・シーホークスとニューイングランド・ペイトリオッツが熱戦を繰り広げる。見どころは、ニューイングランド・ペイトリオッツのパスNFL記録を持つクウォーターバック(QB)トム・ブレイディをシアトル・シーホークスのコーナーバック(CB)リチャード・シャーマン率いるディフェンス陣が抑えこめるからだ。

 

シーホークスのスーパーボウル2連覇達成を生で見ようとするファンがチケット代を高騰させている。

 

Screen Shot 2015-02-01 at 4.14.43 PM

 
チケットは毎年数千ドルまで値が上がるが、今年は1万ドルにまで高騰している。(2015/02/01)

 

スーパーボウルの開催地アリゾナまで直接観に行けないファンは家やスポーツバーでテレビにかじりつく。テレビはスーパーボウル一色になり、2014年の視聴率は50%に届く勢いだった。試合は200カ国あまりで放送され、世界中の注目を浴びている。ただ、試合観戦の楽しみはフットボールだけではない。楽しみの1つが、試合の休憩ごとには挟まれるテレビCMだ。平均視聴率が50%にも上るため、各企業がアメリカ国民の記憶に残すCMを作ろうと試行錯誤を凝らす。CMスポンサー料金が30秒間で400万ドルにはねあがることも有名だ。

 

 

放送されるCMはその後もYoutubeなどで視聴され続けるなど話題性があるものばかり。スーパーボウルのCMだけで昨年は600万時間再生されたとYoutubeは発表している。

 

さらに、スーパーボウルが盛り上がる理由がある。それが試合の中盤にあるハーフタイムショーだ。試合のハーフタイムショーでは毎年ポップスターが登場し、試合に華を添える。去年はブルーノ・マーズが登場し、試合中に劣らない視聴率をキープした。

 

 

ハーフタイムにはアメリカ国民の3分の1が一斉にトイレを利用するため、下水道の水圧が社会問題化していた。ファンをテレビから離れさせないことで水圧を防止するため始まったものだ。今では試合を見ずにハーフタイムショーだけ見る人もいる。このように3時間に及ぶ試合でも、ファンを飽きさせない工夫が施されている。ただ、マーク・アンドリーセンはアメリカンフットボールについてTwitterでこんな風に語っている。

 

 

Twitterで「別にスポーツがおもしろくなかったのなんて今に始まったことじゃない」なんてボロクソ言っている。じゃあなんでアイコン変えたの?

 

スポーツ嫌いのマーク・アンドリーセンがスーパーボウルに夢中になる理由

学生時代からスポーツに興味がなかったマーク。

ただ、彼のポートフォリオを見るとスポーツに価値がないと感じているわけではないことがわかる。アンドリーセン・ホロウィッツとして、スポーツグッズEコマースのFanaticsに他VCらと共に1億5000万ドルを投資している。バリュエーションは15億ドルだった。(2012/06/07)

 

Fanaticsでは、チームオフィシャルのスポーツユニフォームなどのグッズを購入できる。アメリカでは、試合を見ながら手元のスマホやタブレットをセカンドスクリーンとして試合中のスタッツやツイートを追うファンが多い。Fanaticsもアプリをリリースしており、試合中に手元のスマホやタブレットから購入するファンをターゲットにしている。

 

Screen Shot 2015-02-01 at 2.32.59 PM

 

(AllThingsD)

 

2014年のチャンピオンであるシアトル・シーホークスのグッズは、2013年のチャンピオンであるボルチモア・レイブンズのグッズの2倍売り上げたという。毎年Eコマース分野でのグッズ売り上げが増えており、Fanaticsではこうしたイベントの度に売上が10倍になるという。

 

今年はどれほど売り上げるのか、シーホークスVSペイトリオッツどちらが勝ってもマークは笑いが止まらないだろう。スーパーボウルは、日本からは日本時間の2月3日月曜日午前8時30分より、オンデマンドのケーブルテレビサービス、またはストリーミング形式のウェブサイトで視聴が可能だ。

 

SportsBusinessDaily

 

この記事はSportTech Brosからの寄稿記事です。SportTech Brosはスポーツトレーナーの渡邊拓貴が海外を中心とした最先端の知見を紹介するメディア。

 

スクリーンショット 2015-04-10 午前11.50.53

 

Author Profile

SportTech Bros
SportTech Bros
SportTechBros(スポーツテックブロズ:http://sporttechbros.com/)はテクノロジーがスポーツにもたらすイノベーションをメインテーマにしたニュースブログ。