コーセラ・ベンチャーズ、医療画像を扱うイスラエルのスタートアップZebraに出資

 
スクリーンショット 2015-04-07 午前11.17.17
 

匿名の医療画像のデータベースを構築しているイスラエルのスタートアップZebraが、Khosla Venture(コーセラ・ベンチャーズ)から800万米ドルの資金調達を行った。

 

Zebraは大規模な医療機関と提携することで、レントゲン・CT・MRIなどの医療用画像ファイルの最大規模のデータベースを集めている。これにより研究者が正確な診断ができるようなアルゴリズムの構築を目指し、データベースと合わせて研究者がアクセスできる研究ツールを提供している。

 

データベースはすでにイスラエル、カナダと米国の大学の研究チームによって使用されている。Zebraは今回調達した資金を、米国でのチーム確立と医療機関のシステムとの統合のために使用する計画とのことだ。

 

Via Wall Street Journal

 

Author Profile

吉澤美弥子
吉澤美弥子Twitter:@miya_yakko
慶應義塾大学看護医療学部在学中。クラウドファンディングサービスでのインターンをきっかけに海外のスタートアップに興味を持ち、現在個人ブログや外部メディアで情報を発信している。