医師とテキストチャットできるアプリFirst Opinion、新たに600万ドル調達

 
スクリーンショット 2014-12-21 15.32.01
 
スマホから医師とテキストメッセージでやり取りできるアプリFirst Opinionが12月18日、新たにPolaris Venturesなどから600万ドル調達したと報じた。これまでにも同社に出資している、Monashees Capital、Scrum Ventures、Felicis Ventures、True Venturesが今回のラウンドに参加している。同社は2013年1月に創業後、シードで500StartupsやGreylock Ventures、Yuri Milner氏ら出資し、これまでに総額860万ドルの調達を行っている。

 

First Opinionはスマホから医師にLINEのようなテキストメッセージ形式で質問できるアプリ。月額9ドルのプランに登録すると、質問から5分以内で返信がもらえる。また画像を送っての質問もすることができる。24時間以内での返信を保障している無料版があるのが特徴で、こちらは画像を送ることはできない。

 

医師にオンデマンドでコンタクトをとれるサービスが注目を集めている。形式としてはビデオチャット形式のものや、通話形式のものがある。

 

via mobihealthnews

 

Author Profile

吉澤美弥子
吉澤美弥子Twitter:@miya_yakko
慶應義塾大学看護医療学部在学中。クラウドファンディングサービスでのインターンをきっかけに海外のスタートアップに興味を持ち、現在個人ブログや外部メディアで情報を発信している。