Misfit、XiaomiやNVPらから4000万ドル調達し更なる中国展開を目指す

 

スクリーンショット 2014-12-07 12.33.07

 

カルフォルニアに本社を置く、ウェアラブルデバイスのMisfitが12月2日、新たにシリーズCで4000万ドルの資金調達を行った。中国のEC企業JD.comとスマホメーカーのXiaomiらが出資したほか、前回の調達から参加しているNorwest Venture Partners、コーセラ・ベンチャーズ、Founders Fundも追加で出資を行った。

 

Misfitは電池交換式のフィットネストラッカーShineと睡眠トラッキングデバイスを販売している。

 

2013年12月のシリーズBにNorwest Venture Partnersが参加したことで、中国での販売数を爆発的に伸ばしていた。2014年夏の時点で、同社の売上の70%が米国外で、そのうち24%が中国国内だとForbsが取り上げている。今回の調達でもJD.com、Xiaomiが参加したため、中国での販売の更なる強化が狙いだと考えられる。中国国内の消費者の40%がウェアラブルを認知していて、中国企業もXiaomi, Baidu, Codoom, Huaweiなどが開発販売している。

 

via MobiHealth News

 

Author Profile

吉澤美弥子
吉澤美弥子Twitter:@miya_yakko
慶應義塾大学看護医療学部在学中。クラウドファンディングサービスでのインターンをきっかけに海外のスタートアップに興味を持ち、現在個人ブログや外部メディアで情報を発信している。