Sharecare、5000万ユーザーが登録する患者プラットフォームのQualityHealthを買収

 

スクリーンショット 2014-11-30 22.38.35

 

Sharecareが、QualityHealthを買収した。QualityHealthは患者のための健康管理サービスであり、医療機関や製薬企業と連携している。今回の買収はQualityHealthが持つ大企業とのパートナーシップと、5000万人ものユーザーデータベースが決め手となったと言える。

 

Sharecareは患者と医師をつなぐプラットフォーム。患者が健康的な生活を送れるよう、ユーザーの現在の健康状態を査定し、最適なプログラムを提供している。ユーザーは専門家アドバイスやコミュニティサポートを受けたり、体重や睡眠、運動に関わるオンラインツールを使うことが出来る。

 

SharecareはWebMDのファウンダー、Jeff Arnold氏が立ち上げた。WebMDは、健康情報、病気に関する医学情報、医薬品情報、医者や病院の検索などを扱っている世界最大級の医療情報ポータルだ。

 

via mobihealth news

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。