楽天が買収したKoboのファウンダーら、ヘルスケアのスタートアップを新たに立ち上げる

 

電子書籍用リーダーデバイスを提供し、楽天に買収されたKoboのファウンダーが、次の会社としてモバイルヘルス関係のスタートアップを立ち上げた。彼らの立ち上げたLeagueは現在プロダクトを開発していて、詳細については未公開だが、2015年にサービスをリリースするとのことだ。

 

Leagueはカナダのトロントに拠点を置き、健康のためのプラットフォームを開発している。11月12日にはシードでReal Ventures、Foundation Capital、OMERS Venturesらから400万ドルを調達している。

 

Koboは2009年12月に創業し、様々な電子書籍ショップから購入した電子書籍をまとめて持ち歩くことができる。同社はデバイスと同時に、多言語に対応した電子書籍の購入プラットフォームも提供していた。2011年11月には楽天に買収されている。

 

via MobiHealth News

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。