500 Startups、アジアアフリカ地域のモバイルヘルスや決済にフォーカスした1000万ドル規模のファンドを設立

 

スクリーンショット 2014-11-24 17.14.37
 

サンフランシスコに拠点を置く、500 Startupsが新たに1000万ドル規模のファンド、500 Mobile Collectiveの運用を開始した。このファンドはアーリーステージのスタートアップに投資するファンドとのことで、投資地域はインドや中国、アフリカを中心に行っていくという。

 

このファンドノファウンダーであるEdith Yeung氏は、重点を置く分野として、モバイルヘルスやヘルスケア系のコマース・保険といったものをあげている。特に中国・アフリカ・インドといった、医療のインフラが整っていない地域に置いては、モバイルヘルスの可能性が大きいと語っている。

 

via Edith Blog

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。