Nokiaヘルスケア部門のトップら、従業員の健康増進をサポートするアプリWellmoをローンチ

 

スクリーンショット 2014-11-24 20.49.36

 

フィンランドの通信会社で携帯メーカーでもある、Nokiaのヘルスケアチームで働いていたトップメンバーらが、E向けのヘルスケアアプリを提供するスタートアップWellmoを立ち上げた。

 

WellmoのCEO、Jakko Olkkonen氏は前職でNokiaの健康事業のゼネラルマネージャーを務めていた。NokiaではWellness DiaryやWellmateといったプロダクトを手がけている。共同創業者のSampo Nislanen氏もOlkkonen氏同様、Nokiaのヘルスケアチームでシニアソフトウェアエンジニアを務めていた。

 

Wellmoは従業員健康管理アプリ。従業員の健康を増進することで、会社の福利厚生や業務の効率化につながるというものだ。様々なデータ収集アプリや、ウェアラブルデバイスからのデータを連携させることができ、収集したデータに合わせて一人一人に健康プログラムを提供するというものだ。こういったテイラーメイドな健康プログラムは、データの統合がしやすくなったことで増えつつあり、この分野に対する出資もここ一年で増えている。

 

Via TechCrunch

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。