Shake100主催のヘルスケアスタートアップイベント、HEALTH+TECH START-UP SUMMITが10月7日開催

healthtecheventtop

 

AppleのHealthKitやApple Watchの公開、Y Combinatorサム・アルトマン氏の「ヘルスケア領域の出資強化」発言に伴い、スタートアップシーンではヘルスケアテクノロジーが盛り上がりつつある。実際に米国では、今年1月から6月までのヘルスケアスタートアップへの投資額が、2013年1年間の投資総額を既に大幅に上回っている。
 

米国同様、日本国内でもヘルスケアテクノロジー領域に注目している企業がある。サイバーエージェントのビジネスパーソン向けイベントShake100は10月7日、渋谷マークシティウエスト13Fの同社本社でヘルスケアテクノロジーやライフサイエンステクノロジーに注目したイベント「HEALTH+TECH START-UP SUMMIT」を開催する。

 

healthtechevent

 

当日はFiNC代表の溝口勇次、ジーンクエスト代表の高橋祥子による「遺伝子系スタートアップの今とこれから」についてのセッションや、岩淵技術商事取締役の岡島康憲氏による「ウェアラブルデバイスでスタートアップする米国の最新手法」についての講演、じぶんラボ代表の田口敬氏、あすけんの天辰次郎氏、スポルツ代表の大川耕平氏による「ヘルステックスタートアップはぶっちゃけ儲かるのか」という内容のセッションが行われる。筆者も前座として、「なぜ今ヘルステックスタートアップがアツイのか」という講演を行う。
 

講演の他にヘルスケア関連企業によるブース出展もあり、講演者の企業の他に、メドピアiCAREなどの企業が参加する予定だ。HealthTech NewsではHEALTH+TECH START-UP SUMMITのメディアパートナーを務めるので、追って、イベントの模様をお伝えする予定だ。

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。