米国消費者のデジタルヘルスサービス利用状況に関する調査結果

 

Digital-Health-Consumers_Parks_Associates
調査会社Parks Associatesが消費者がどのようにデジタルヘルスサービスを利用しているか、米国のブロードバンドを使用している消費者の12ヶ月間を対象に調査を行った。
調査の結果は以下の通りだ。12ヶ月間で最低1日利用した消費者を利用者としてカウントしている。
  •  オンラインで医療や健康に関する情報を検索 38%
  •  保険会社や病院などのウェブサイトを利用 27%
  •  病院の予約、検査結果や処方箋の管理のためにウェブサイトを利用 26%
  •  ヘルスケアに関するアプリを使用 25%
  •  トラッキングデバイスを使用 22%
  •  自分の健康情報やデータをオンラインで保存 22%
  •  医療従事者や保険の専門家とオンラインで対話 20%
  •  オンラインの健康サポートサービスに参加 13%

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。