マイクロソフト、イスラエルでヘルスケアに特化したアクセラレーターを開始

 

 

スクリーンショット 2014-07-04 9.50.51

 

マイクロソフトがヘルスケアに特化した新しいアクセラレータープログラムをイスラエルで開始すると発表した。

 

医療テクノロジー起業のBecton Dickinson社と提携し、マイクロソフトベンチャーズのあるテルアビブにてプログラムを開始するとのこと。選ばれたスタートアップはBecton Dickinson社から2万5000ドルの資金を受け、マイクロソフトの技術を活用することができる。

 

マイクロソフトは長年、ヘルスケアに取り組んでいる。そのうちの一つに昨年の夏、ダイエットやエクササイズをトラッキングできるアプリを公開している。同アプリはマイクロソフトのヘルスケアデバイスと連携し、同社のPCやタブレット、スマートフォンで管理することが出来る。

 

via WSJ

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。