アプリで喘息の予測と投薬管理ができる、スマート吸入器

 

スクリーンショット 2014-05-11 18.01.03

 

Propeller Health社は、アプリ連動型の吸入器を開発している。この吸入器を使用すれば、適切に薬を吸入できているかや発作のトリガーをスマートフォンのアプリで確認することができる。

 

喘息患者の多くが毎日薬を服用する必要がある。しかしPropeller Health社によると、きちんと守って服用して

いる患者は32〜50%だという。スマート吸入器を使用すれば、患者がきちんと服薬しているかを確認することができる。また医師はいつ、どこで、患者の発作や症状が発生しているかを把握でき、治療に活かせるという。患者の状態が悪化した際に通知を受け取ることや、患者に対してアラートを設定することもできる。

 

患者は自身の症状や、服薬情報を簡単に管理することができる。発作のトリガーや症状を追跡し、病気の詳細を学べるという。また医師とデータを共有することで、治療の必要性や現状などを客観的に評価できるようになる。

 

via [ MedGadget ]

Author Profile

吉澤美弥子
吉澤美弥子Twitter:@miya_yakko
慶應義塾大学看護医療学部在学中。クラウドファンディングサービスでのインターンをきっかけに海外のスタートアップに興味を持ち、現在個人ブログや外部メディアで情報を発信している。