イスラエル発、便秘を改善する振動カプセル「Vibrating Pill」

 
イスラエルのTel-Aviv Sourasky Medical Centerは、慢性的な便秘に悩む患者向けに革新的な”薬”である「Vibrant Pill」を開発した。Vibrant Pillは、小型のモーターが内蔵されている”振動カプセル”だ。
 

振動カプセル「Vibrating Pill」

1399211241000-Vibrant-capsule
便秘に対しての治療薬は数多くあるものの、強い副作用や長期使用に関する不安、そもそもあまり効果が感じられないなどと不満が多く、50%以上の患者が満足していないというデータが存在する。Tel-Aviv Sourasky Medical Centerの開発した”薬”である「Vibrant Pill」は、体内で振動することで腸の動きを改善する。薬効が無いために副作用はもちろん起きることはない。
 
Vibrant Pillに内蔵された小型モーターは、飲み込んでから6-8時間後、つまりは下部消化管に到達してから振動するようにプログラミングされている。Vibrant Pillは3分おきに振動し、人間の消化管の蠕動運動に似せた動き方をすることで腸の収縮運動を加速し、排便を促し、便秘を治療する。
 
2011年に行われた安全試験では、副作用はなかったとされている。従来の薬の効果や副作用に悩む患者への代替治療法として、今後も大きく注目される。
 
via 【Medgadget
via 【Tel-Aviv Sourasky Medical Center
 

Author Profile

松村 一希
松村 一希ライターTwitter:@kazuki24_
慶應義塾大学医学部4年生。NPO法人ジャパンハートにて、クラウドファンディングプロジェクトを成功させ300万円を集めた実績を持つ。ソーシャルグッドを専門に、NPO向けのネットメディアであるテントセンでのライターを務める他、自身の学業である医学とITとの連携に広く興味を持つ。