乳酸値をトラッキング出来る世界初のフィットネスデバイス「BSX Insight」

 
テキサス発のコーチングプラットフォームのBSX Athleticsは、新しいフィットネスデバイス「BSX Insight」を開発した。BSX Insightは、他のフィットネスデバイスと同じように心拍数や速度、消費カロリーなどを測定出来るのみならず、乳酸の蓄積をトラッキングすることが出来ることが特徴だ。現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで現在資金調達を行っている。
 

運動の強度の指標となる乳酸値

急激な運動を行うと細胞内に十分な酸素が行き渡らない為に、筋細胞内で糖が分解されピルビン酸を経て乳酸が蓄積する。この乳酸の代謝除去を乳酸蓄積が上回る限界点があり、血中の乳酸濃度が急速に増加を始める点を乳酸閾値(lactic acid threshold)と呼ぶ。
BSX Insightを用いて乳酸の蓄積量のトラッキングを行うことで、自分にとってどの程度の強度でトレーニングを行っているのかを知る指標とすることが出来るのだ。
BSXInsightSensorFront

乳酸値をトラッキング出来るフィットネスデバイス「BSX Insight」

BSX Insightは、LEDライトと光学センサーを用いて乳酸の蓄積量を測定する。光が筋肉組織を通過する際に、組織内のchromatophorsという物質により光の波長が変化して、特定のシグナルを発する。このシグナルが、筋肉内の代謝状態を反映するという。
 
ユーザーは自分の足にInsightを装着し、BluetoothとANT +を通じてスポーツウォッチと接続する。乳酸値をトラッキングすることで、加速するべきか、減速する必要があるかを、振動することでユーザーに伝える。ワークアウトの終了後に、BSX AthleticsのWebサイト「TrainBSX」と自動同期され、ユーザーは自分のデータを確認することが可能だ。
Screenshot_3
同社は現在、クラウドファンディングサイトKickstarterでプロジェクトを公開しており、356人から8万米ドル(2014年3月28日現在)を調達し既に目標額は達成している。資金を用いてプロトタイプの完成や、他のスポーツウオッチとの連携(現在はGarmin製のみで、Polar、Suunto、Timexなど)することを目指している。
InsightはKickstarterを通じて3つのタイプが販売されているーランナー用は179米ドル、ランナーとサイクリスト用は219米ドル、10人のアスリートのデータを蓄積できるチーム用のものは799米ドルだ。この金額には、BSX Athleticsによる6ヶ月のオンライントレーニングサービスの費用も含まれている。
 
BSX Athleticsは2013年3月にエンジェル投資家より250万米ドルを調達しており、今回のクラウドファンディングを成功させることで更に弾みをつけていくだろう。乱立するフィットネスデバイスの中で、Insightのように特徴的な機能を持つものも増えていくことが予想され、これからも大きく注目される分野である。
 
via 【Kickstarter
via 【mobilehealthnews
 

Author Profile

松村 一希
松村 一希ライターTwitter:@kazuki24_
慶應義塾大学医学部4年生。NPO法人ジャパンハートにて、クラウドファンディングプロジェクトを成功させ300万円を集めた実績を持つ。ソーシャルグッドを専門に、NPO向けのネットメディアであるテントセンでのライターを務める他、自身の学業である医学とITとの連携に広く興味を持つ。