500 Startups出身、医師に24時間質問できるインスタントメッセンジャーアプリFirst Opinionが$1.2Mを調達

 

病気や身体に関わる情報を提供しているwebサイトは年々増加しているが、どの程度まで信用できる情報なのか注意が必要だ。その一方で近年国内外ともに注目を集めているのは医師相談サービスだ。やはり身体のことは医師に聞くのが一番安全であり、数年以上前から日本国内でもYahooやエムスリーなどの大手企業が「月額制で医師に質問できるサービス」を提供している。

スクリーンショット 2014-01-16 7.32.30

 

500 Startups出身の医師相談アプリFirst Opinion

 

今回紹介するサンフランシスコ発医師相談サービスのFirst Opinionは、LINEのようなインスタントメッセージアプリで、医師を指定し直接メッセージを送れるというものだ。First Opinionは子供を持つ親をターゲットにした医師相談アプリで、現在アプリ上に登録されている医師もまた子供をもつ親である。そのため安心して子供の健康について質問できるとのことだ。アプリのダウンロードと初回の質問は無料ででき、そのあとは月々9ドルで質問し放題となっている。同アプリはローンチ後2日でApp Store(USA)の第4位にランクインしている。また1ヶ月以内に10000人もの医師と話し合い、健康に関する質問に対して必要な回答の長さなどを標準化した。

 

First Opinionは2013年1月創業のスタートアップで、CEOのMcKay Thomas氏はブラジルのベビー用品ECの「Baby.com.br」の共同創業者である。彼自身、妻が妊娠中に海外で生活していて、その経験が親をターゲットにした医師相談サービスをやるきっかけとなったそうだ。より多くの医師を集めるためMcKay氏は2度のシード資金の調達を行っている。First Opinionは500 Startupsの出身で、今月行われた2度目のシードラウンドでは500 Startupsの他にGreylock PartnersYuri Milner氏などから総額120万ドルを調達した。Yuri Milner氏はFacebook、Zynga、Grouponといった企業などへの投資で有名な、ロシアを拠点とするファンド「Digital Sky Technologies」の創業者であり、個人投資家だ。

 

With $1.2M From Greylock, Yuri Milner And 500 Startups, First Opinion Lets You Text A Doctor Anytime

 

Author Profile

吉澤 美弥子
吉澤 美弥子Twitter:@miyakomx
慶應義塾大学看護医療学部卒業。在学中に海外のヘルステック企業やデジタルヘルス企業に関して取り上げる、HealthTechNewsを立ち上げる。外資系証券会社の株式リサーチ部で、TMT市場に関わる調査アシスタントなどを経て、現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタル、500 Startupsの日本ファンドに務める。